高齢者の口腔ケアの必要性

高齢者は、唾液の分泌量が減る事で口腔内の自浄作用が低下する特徴があります。これによって口腔内に細菌が溜まりやすく、口内炎や虫歯等が増えていくのです。口内炎等の痛みがあると食事を摂取する事に支障が出て栄養不良に陥ったり、免疫力の低下にまでつながっていきます。唾液の分泌量が減ると口腔内は乾燥し、食物を飲み込みやすい形に出来ずに誤嚥性肺炎の原因にもなります。歯科を受診して炎症の治療や唾液の分泌を促す薬の処方を受ける事が大切です。

また、高齢者の多くは入れ歯をしており、噛み合わせが悪いと肩こりや頭痛といった身体的な症状をもたらします。これは入れ歯の不具合によって口元がゆがみ、次第に身体全体のゆがみにつながっていくからです。
高齢者は口腔内の筋肉の変化等によって、使っていた入れ歯が合わなくなる可能性があります。そのため定期的な歯科受診をして、入れ歯の状態が自分に合っているか確認する事が必要です。

歯科受診では、口腔内の検査だけではなく正しい歯ブラシの方法や唾液の分泌を促す口腔体操など様々なアドバイスが受けられます。
口腔内に問題があり食事をスムーズに摂れなくなる事は、体力の低下をもたらして疾患にかかりやすくなったり、人との交流場面に足を運べずに孤独を深めてしまうといった心身の不調につながっていくのです。その為、最近は歯科で口腔内の清潔を保つための支援が進んでいるのです。口腔内の清潔を保っていく事は、高齢者の健康維持にとって重要な項目になっています。
高齢者で脳梗塞等から麻痺がある場合、口腔内に食べかすが溜まりやすい傾向にあります。 これは麻痺によって食べ物を咽頭部の方向へ送り出す事が困難になるからです。食べかすは口腔内に細菌が繁殖する原因となりますので、口腔ケアを行う際には、麻痺側に食べかすが残っていないか確認する事が重要になります。麻痺等の身体的特徴を捉えておく事は適切な口腔ケアを行うために大切です。

高齢者の口腔ケアを行うにあたって、乾燥している口腔内を傷つけないためにスポンジを使用したり、入れ歯の変形を防ぐために歯磨き粉は使わない事、歯間の食べかすを除去するために電動歯ブラシや糸ブラシを使用するなど多くの配慮が必要となります。歯科受診の際に歯科医師や歯科衛生士といった専門家にアドバイスを受けて、口腔内の清潔に必要な取り組みを把握する事が大切となります。口腔内が不衛生になると心身の不調や社会活動の低下につながる事を理解しておく必要があります。

Copyright(c) 2015–2017 歯科ラボ All Rights Reserved.