様々な方法が提案されている無痛治療

虫歯にかかると虫歯の痛みの他に、治療時にもドリルで虫歯を削られてギンギンとした痛みが発生するなど、不必要な痛みが加わるので憂鬱となります。
それは治療している医者側も患者が痛みを嫌がっている事を理解していて、できるだけ痛みを出さない治療法として様々な方法が考案されています。
それが無痛治療と呼ばれる治療法となります。

無痛治療とは名前の通り「痛みを感じさせないよう治療する」方法で、それらの中でも代表的な方法を挙げたいと思います。

1・麻酔治療 昔から麻酔注射が存在しますが、無痛治療では注射時の痛みも軽減させる目的で歯茎の表面にジェル状の表面麻酔薬を塗布し、そこに極細の注射針を刺して局所麻酔を実施するのです。
他にも高血圧等の疾患で薬を服用していて、組み合わせにより麻酔注射薬が使用できない患者に対しては「笑気吸入鎮静法」を用います。これは笑気ガスを吸入させることで患者に鎮痛・鎮静効果を数分間だけですが持続させる効果が有ります。

2・レーザー治療 虫歯の発生部にレーザーを照射して歯を弾く感じで削る治療法です。
削る際に痛みは生じないのですが、ドリルによる治療と比較すると削る時間が長時間になることが欠点です。他にもレーザーには殺菌効果や止血効果があるので、化膿した歯茎を切開して治療を行うなど外科的な治療が必要な時にも活用されています。

3・エアーアブレーション治療
エアーアブレーションとは非常に細かい粉末を、圧縮した空気で虫歯の部分に当てることで虫歯を削り落とす治療法です。無痛での治療が可能なのですが、歯の内部にまで進行した虫歯には粉末を当てることが難しく治療を行えないのが弱点です。

4・抗菌剤による治療
3種類の抗菌剤を混ぜたものを歯に詰めることで、抗菌剤の作用により細菌を死滅させ治療を行う方法です。神経も抜かず歯も削らなくて良い画期的な治療法なのですが、安全性や有効性を証明出来るだけのデータが無く日本歯科保存学会でも否定的な意見が述べられています。

このように大別して4種類の治療法があります。しかし麻酔治療以外の治療法は欠点が存在し、歯科によっては保険診療の対象外となり自費診療となる可能性があります。
ですが歯の治療の場面でも技術の革新が日々続いており、近い日に無痛治療の欠点をカバーする新たな治療法が開発される可能性は高く、無痛治療が一般化して皆が恩恵を受けることが可能となる日も近いと思われます。

Copyright(c) 2015–2017 歯科ラボ All Rights Reserved.