ドライマウスの影響やその原因・対策について

ドライマウス
原因はさまざまで、唾液のでる量が減り口の中が乾くなど悪影響を及ぼします。

ドライマウスによる悪影響について

ドライマウスになることによって引き起こされる悪影響としては、口の中が渇くのをはじめ、 飲み込みにくくなったり食べにくくなる、しゃべりにくくなる、舌や歯茎が痛み出す、口内炎・虫歯・歯周病ができやすくなる、口臭がきつくなる、味覚障害などもあります。

ドライマウスの原因と対策について

主に加齢により糖尿病をはじめとした病気・ストレス・薬の副作用・口呼吸・ 食事の際によく噛まないなどといった事があげられます。

・加齢によるもの

ドライマウスは主に更年期の女性に多く見られる症状で、 原因は加齢で女性ホルモンが減少することから唾液腺も影響を受け、 結果的に唾液分泌が減ってしまうとされます。
対策:人工唾液などで症状を緩和させていきます。

・糖尿病をはじめとした病気によるもの

例えば糖尿病の場合であれば尿が大量に出ることから脱水症状になりがちになり、その結果ドライマウスになりやすい。 対策:根本原因となる病気の改善に努めていく必要性があります。

・ストレス

ストレスで緊張状態になれば交感神経が優位になり、よって唾液の分泌が抑えられます。
対策:自分の好きなことや運動でうまくストレスを改善させて精神的にリラックスさせていきます。

・薬の副作用

精神疾患、高血圧、花粉症などの薬は副作用として、 のどが渇く症状があらわれるものがあり、これによってドライマウスを引き起こしてしまいます。
対策:可能であれば薬の量を減らしたりするのが良いです。

・口呼吸

口呼吸だと口内の粘膜が乾燥し乾いてしまいます。
対策:口呼吸をやめて鼻で呼吸するようにします。
ちなみに鼻で呼吸することはドライマウスを防ぐほか、口臭・虫歯・歯周病・風邪予防など様々な健康的な効果が期待できます。

・食事の際によく噛まない

食事の際によく咀嚼を行うことで唾液が分泌されますが、よく噛まないとそれだけ唾液の分泌も悪くなります。
またよく噛まずに柔らかいものばかりを食べていてもドライマウスになります。
対策:食事のときたくさん噛み唾液を出す。時間がないならガムをよく噛むのも良いです。

その他ドライマウスの対策としては

口の周りの筋肉を鍛えたり、 唾液の分泌を促すようにマッサージをしたり、たばこ・アルコール・カフェイン・ 炭酸飲料・クッキーなどの乾いた食べ物を控えたりするなどの方法があります。

ドライマウスは放置しておけば虫歯をはじめ様々な悪影響が出てくるので、少しでも心当たりがあるのであればなるべく早くに発見して対策しておきたいところです。

Copyright(c) 2015–2017 歯科ラボ All Rights Reserved.